希望者が増加している大学留学

  • 大学留学は有意義です

    • 高校生に取って大学進学はその後の人生を左右するほど重要な事です。

      その中で最近は海外の大学留学を希望する高校生が増加しています。
      同じ様な現象は国内の大学にも起こっています。

      大学留学に関する情報を提供中です。

      大学側の発表によると海外から日本の大学への留学生が増えて居り、しかも毎年増え続けているのです。

      特に日本と同じ漢字圏の国である中国、韓国、台湾からの留学生が全体の60%となっています。



      この様な傾向の主な要因としては日本では高いレベルの教育を受ける事が出来ると言う事が挙げられます。



      又日本語を学ぶ事で彼等のキャリアアップに繋がる事です。
      日系企業の東南アジア進出は今も続いて居り、現地企業に比べて給料が高いと言う事実があり、就職準備の為に日本語のマスターは必須条件となっています。

      この事は日本国内の企業にも言う事が出来ます。

      即ち彼等は東南アジア諸国との密なるコミュニケーションを持つ必要があり、その観点から東南アジア諸国からの留学生は企業として即戦力になるのです。

      一方留学生から見た大学留学コストに関しては欧米圏の大学に比べて授業料が安いのが魅力になっています。


      更に留学生向けの奨学金制度が充実している事や欧米諸国と比べて留学生のアルバイトに関して寛容である事です。
      日本の大学に取っても大きな意味があります。

      何故ならば日本は間もなく少子化社会に入ると言われているからです。海外からの大学留学はある意味マーケットの確保と言う事も出来ます。

top